第2回よりそいセミナー「-対人被害を考える - “犯罪被害者支援”について考える」(日時変更開催)

 

日頃は、一般社団法人よりそいネットおおさか並びに定着支援センター事業に対しご支援、ご協力を賜り心より感謝、御礼申し上げます。

よりそいネットおおさかは、矯正施設退所者等の社会的更生、社会復帰の支援が主な取組となっていますが、犯罪被害者の支援についても、被害者・加害者は表裏の関係と捉え、強い関心を持っています。特に全検挙者のうち約3割に当たる再犯者によって、約6割の犯罪が行われ、「再犯の防止等の推進に関する法律」(2016年12月)が施行されるなど、再犯防止の取組が重要課題になっている現状を見ると、安全・安心な社会を築くためには、“新たな犯罪被害者・加害者をうまない!”取組が必要です。

今年度のよりそいセミナーは、「対人被害を考える」を大テーマに据え、当事者支援、被害者支援の問題や課題について、みなさんと一緒に考えていく予定です。

なお、平日業務のお忙しいところとは存じますが、参加ご希望の方は、参加申込書もしくは下記お申込みフォームに必要事項をご記入の上、是非、申し込みをお願いいたします。

参加申込書のダウンロードはこちらをクリック ⇒ ダウンロード(PFDデータ)

お申込フォーム:https://ws.formzu.net/fgen/S13736189/

 

<講師プロフィール>

◇ 一井 彩子さん

1995年、中学3年生だった長男の勝君を少年4人から集団暴行を受け亡くされた犯罪被害者遺族。「少年犯罪被害当事者の会」のメンバーの一人として、“子どもたちを誰も被害者にも加害者にもしたくない”との思いで、講演活動などを行っておられます。

◇ 大岡 由佳さん

関西大学社会学部卒業後、久留米大学大学院博士課程修了し、2008年に博士(保健福祉学)取得。帝塚山大学心理福祉学部の助手・講師を務めたのち、2010年より武庫川女子大学に着任し、現在、文学部心理・社会福祉学科准教授。精神保健福祉士・社会福祉士。著書・訳書等に「犯罪被害を受けた子供のための支援ガイド」(2016年 金剛出版 監訳)、「こころの健康シリーズⅥ 格差社会とメンタルヘルス・・・犯罪被害者とメンタルヘルス」(2014年 日本精神衛生会)、「被害者支援中級テキスト」(2008年 NPO法人犯罪被害者支援ネットワーク 第3章-6担当)など多数ある他、各種委員や講演など活躍中。

 

テーマ

-対人被害を考える- “犯罪被害者支援”について考える

講師

 

犯罪被害者遺族 一井 彩子さん
武庫川女子大学 准教授 大岡 由佳さん

日時

10月16日(火)13:30~16:30(13:00受付開始)
会場 大阪府社会福祉会館 4階 403会議室
参加費

1,000円…当日受付徴収(資料代)※個人会費本人のみ、法人会費2名は無料

※内容は、若干変更になる場合もあります。

 


お問い合わせ

〒542-0012
大阪府大阪市中央区谷町7-4-15大阪府社会福祉会館2階
TEL:06-6711-0130 FAX:06-6762-8645
一般社団法人 よりそいネットおおさか