HOME

はじめに

刑務所など矯正施設からは、年間約3万人の人たちが出所します。その中には、安定して地域生活を送ることが困難な状況におちいってしまう人たちも少なくありません。この課題に対して、矯正施設等の出所に際し、支援が必要との認識のもと、福祉と司法がタッグを組んで「地域生活定着支援事業」を開始しています。
この事業では、全国都道府県に「地域生活定着支援センター」の設置が進められ、特別調整などの形で支援を実施しています。高齢、障がい、帰る場所がない、地域生活が困難など、福祉の援助が必要な人たちを支援します。大阪府では、2010年7月から事業を実施し、2013年4月から一般社団法人よりそいネットおおさかが受託しています。

地域生活定着支援センターとは

大阪府地域生活定着支援センターでは、さまざまな状況に対応できるよう、福祉に限らず、多分野から、矯正施設などを退所した人たちの支援(「刑余者」支援)を行っています。多様な社会資源と連携しながら地域で支え合う「みんなの刑余者支援」という視点で取り組んでいます。

よりそいネットおおさかとは

よりそいネットおおさかは、本事業開始前から矯正施設を退所した人たちの支援や、支援者との関係作りに取りくんできました。これからもネットワーク型の福祉構築をめざし、支援者のスキルアップと利用者のエンパワーメントに取り組みます。


トップイメージ
大阪府地域定着支援センター パンフレット(PDF 538kb)

連絡先

住所:〒542-0012 大阪府大阪市中央区谷町7-4-15 大阪府社会福祉会館2 階
TEL: 06-6762-8644
FAX: 06-6762-8645