2021年度 なんでRingのご案内(オンライン開催)

認知症がある人の入口支援
~その触法行為にどう対応する?~

開催目的

認知症受刑者が増加傾向にある現在において、地域支援者が、日頃関わっている認知症疾患のある被支援者が犯罪行為に及ぶこともありうる昨今の状況です。万が一、被支援者が逮捕されたと連絡があった時であっても、事前に何をすべきかについて準備しておくと、慌てずに対応することも可能ではないでしょうか。

本研修では、そのような時に、どのような調整をすればよいのか、誰に相談すればよいか、今後どうしたらよいのか等ということに始まり、連携できる事業所や関係機関についても理解することを目的としています。

また、支援者自身が、どのような関わりをすればよいのかに迷い、ジレンマを抱えこむ状況を打破するために、「関わりの質を上げるためのヒント」を提供すると同時に、支援困難者というレッテルを張らずに、本人の生活を安定・維持させることで、支援者・被支援者双方にとって、「より良い生活を導く」ことをも考える機会を提供します。

なんでRingはオンラインで開催いたします。

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、ソーシャルディスタンスなどの人と人との接触が懸念される状況になりました。感染リスクを避けるために、今年度は全日程をオンラインで開催させていただきます。

【全日程】※障がい者編・高齢者編に分けず実施いたします

第1回目:2021年 7月16日(金) 15:00~16:30『警察に検挙された後の検察庁における支援について』 受付開始日:6月9日
第2回目:2021年 9月10日(金) 15:00~16:30『触法高齢者に対する地域のかかわり』 受付開始日:7月19日
第3回目:2021年11月19日(金) 15:00~16:30『地域の相談窓口として』 受付開始日:9月14日
第4回目:2022年 1月21日(金) 15:00~16:30『入所施設における支援について(仮)』 受付開始日:11月22日


【第4回目】

テーマ『入所施設における支援について(仮)』
ゲストスピーカー:入所系事業所の方
 

【日  時】2022年 1月21日(金) 15:00~16:30
【開催方法】オンライン(Zoom)
【会  費】無料
【募集人数】50名 ※当日はグループワークを実施します
【申込締切】2022年1月18日(火)※定員になり次第終了させて頂きます。
【応募方法】下記のフォームよりお申し込みください。

お申し込みはこちらから👉『第4回お申し込みフォーム』

※当日のZoom IDおよびURLにつきましては、開催2日前にお申し込み時にご記入いただきましたメールアドレスへお送りいたします。


【第3回目】2021年11月19日(金)開催 ※終了しました。

テーマ『地域の相談窓口として』
ゲストスピーカー:にしなりオレンジチームの方
         西成区玉出地域包括支援センターの方 

多数のご参加ありがとうございました!


【第2回目】2021年9月10日(金)開催 ※終了しました。

テーマ『触法高齢者に対する地域のかかわり』
ゲストスピーカー:北区大淀地域包括支援センター 管理者 

多数のご参加ありがとうございました!


【第1回目】2021年7月16日(金)開催 ※終了しました。

テーマ『警察に検挙された後の検察庁における支援について』
ゲストスピーカー:大阪地方検察庁 総務部 再犯防止対策室 統括捜査官
         大阪地方検察庁 総務部 検察広報室 検察広報官 

多数のご参加ありがとうございました!


チラシのダウンロードはこちらをクリック 👇


問合せ先

一般社団法人よりそいネットおおさか(大阪府地域生活定着支援センター)担当:小川、西出、岡田
(Tel)06-6762-8644 (Fax)06-6762-8645